WiMAXルーターW05のイメージ

WiMAXルーターW05のスペック比較!他機種との違いや変更点とは?

投稿日:2018年1月21日 更新日:

Speed Wi-Fi NEXT W05(以下、W05)が1月19日に発売されました。

Huawei製でハイスペック、昨年、人気であったWシリーズの最新モデルということもあり、2018年のWiMAX2+を代表するルーターになること間違いなしでしょう。

この記事では、前モデル(Speed Wi-Fi NEXT W04)やWX04とのスペック比較、そしてW05の最新情報を随時更新していきます。LTEモデムの構成によってはファームウェアの更新で大化けする可能性もあるため続報に期待しましょう。*1 *2

【追記】
*1)ファームウェアの更新により下り最大758Mbps/上り最大112.5Mbpsになりました。
*2)W05の実機を入手しましたのでレビューを追加しました。

また、W05のスペック比較にあわせて、おすすめのキャンペーン情報もお伝えいたしますので、これからWiMAX2+をスタートされる方、また契約更新月を迎えプロバイダの乗り換えを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

【W05を2年契約でお得に入手する方法】
W05を2年契約で最も安く入手できるのはGMOとくとくBB。人気Wシリーズの最新モデルにも関わらず32,200円のキャッシュバックがあるのはここだけ。クレードル装着時に自動でハイパフォーマンスモードになる設定ができるようになったため同時購入もおすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W05の注目すべきポイントは?

WiMAX W05 の実機

まずは、W05の注目すべきポイントについて解説しましょう。

下り最大758Mbps/上り最大112.5Mbps

LTEとのキャリアアグリゲーション(以下、CA)を行うハイパフォーマンスモードにおいて、下り最大758Mbps/上り最大112.5Mbpsの速度がでます。

注目すべき点は、UL CA(Uplink Carrier Aggregation)と64QAMに対応したこと、UDC(Uplink Data Compression)の技術が加わることで、上り方向のデータ通信の速度が大幅に強化されました。

実際に使うときはハイスピードモード(下り最大279Mbps/上り最大37.5Mbps、連続通信9時間)やノーマルモードを利用することが多くなりますが、WiMAX2+だけの通信速度で比べた場合でも史上最速です。

ここに注目!

  • 上り方向の最大速度が2倍以上に
  • WiMAX2+単独でもWX04よりも速い

Wi-Fi(SSID)の引っ越し機能が追加された

W05ではWi-Fi(SSID)の引っ越し機能が追加されています。

通常、SSIDはルーターごとに固有の値が設定されており、引っ越し機能がない場合は自分でSSIDを書き換えるか、新しい値に設定しなおす必要があります。

セキュリティを高めるためにパスワードの文字列が長くなっていることも多いため、PCやスマホ、プリンタといった機器をひとつずつ再設定するのはたいへんです。苦い経験がある方も多いことでしょう。

Wi-Fi引っ越し機能であれば、SSIDだけでなくWPA-PSK/WPA2-PSKといった暗号化モードや暗号キーを自動コピーしてくれるので、クライアント側では何もする必要がありません。

ここに注目!

  • プリンター等、WiFi子機の再設定が不要
  • NFCやQRの設定もそのまま継続

クレードル利用時は自動で通信モードの切り替えが可能に

クレードル装着時に自動でハイパフォーマンスモードになる設定が追加されました。

ハイパフォーマンスモードとはCAを行う通信モード。CAにより通信速度が速くなる代わりに消費電力が多くなります。

W05でWiMAX2+の2波をCAで束ねた場合、下り最大速度は558Mbpsになります。この数値はあくまでベストエフォートではあるものの、これだけの速度がでれば自宅でも活躍すること間違いなしですね。

「外ではバッテリーを節約したいけれど、自宅ではWiMAX2+をフルに活用したい」という方は少なくないはず。これまでクレードル不要派だった方も今回は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ここに注目!

  • クレードル装着時の自動通信モード切り替えが設定可能になった

2年契約でもキャンペーンの対象になる!

W05は2年契約・3年契約どちらのキャンペーンでも入手することができます。

最近のUQWiMAXは3年契約が主流になりつつあります。3年契約にはハイスピードプラスエリア(HS+A)が無料で使えるようになるメリットがあるのですが、「LTEを使う機会が少ない」という方には恩恵が少ないのも事実。

対応しているキャンペーンは限定されるものの、2年契約・3年契約を選べることでより選択肢が広がりました。

W05のスペックを比較しよう!

W05 WX04 W04の比較

製品名質量サイズ連続通信時間
(Wi-Fi)

連続通信時間
(Bluetooth)

連続通信時間
(LTE)

連続待受時間

メーカー最大速度Wi-Fi規格


USB規格

バッテリー容量

Speed Wi-Fi NEXT W05約131g約W130×H55×D12.6mm約 6.5時間:ハイパフォーマンス設定
約 9.0時間:ノーマル設定
約10.5時間:バッテリーセーブ設定
約 15.0時間


約 4.3時間:ハイパフォーマンス設定
約 6.5時間:ノーマル設定
約 9.1時間:バッテリーセーブ設定
休止状態:約850時間
クイックアクセスモード設定時:約38時間
ファーウェイ(HUAWEI)708Mbps / 75Mbps11ac/n/a(5GHz帯)
11n/g/b(2.4GHz帯)
USB2.0 Type-C

2,750mAh
Speed Wi-Fi NEXT WX04約128g約W111×H62×D13.3mm約 8.2時間:ハイパフォーマンスモード
約11.5時間:ノーマルモード
約13.8時間:エコモード
約16.7時間:エコモード


約 8.0時間:ハイパフォーマンスモード
約10.5時間:ノーマルモード
約13.0時間:エコモード
休止状態:約700時間(リモート:有)
ウェイティング:約50時間
NECプラットフォームズ440Mbps / 50Mbps11ac/n/a(5GHz帯)
11n/g/b(2.4GHz帯)
USB3.0 Type-C

3,200mAh
Speed Wi-Fi NEXT W04約140g約W53×H130×D14.2mm約 6.5時間:ハイパフォーマンス設定
約 9.0時間:ノーマル設定
約10.5時間:バッテリーセーブ設定
約 10.0時間


約 4.3時間:ハイパフォーマンス設定
約 6.5時間:ノーマル設定
約 9.1時間:バッテリーセーブ設定
休止状態:約850時間
クイックアクセスモード設定時:約38時間
ファーウェイ(HUAWEI)708Mbps / 30Mbps11ac/n/a(5GHz帯)
11n/g/b(2.4GHz帯)
USB3.0 Type-C

2,750mAh

下りも上りもW05が最速!

下り速度は758Mbps。上り速度も112.5MbpsでW05が最速です。

WX04は下り最大440Mbpsとなるため、データ通信の速さはWシリーズと勝負になりません。

一方でW05とW04にはスペック上の差は非常に少ないことがわかります。これは同じLTEモデムが採用されているため。しかし、スペックの比較表を見ていただけると分かるとおり、上りの速度については2倍近くの差があることに着目してみましょう。

Qualcomm Snapdragon X20に期待!?

まだ判明していませんが、W05のLTEモデムはX20が採用されるのではないかと予想されています。これはW04にX16が採用されていたためでしょう。

X20は下り最大1.2Gbps、上り最大150Mbpsまでの速度で通信が可能になると言われています。モバイルデータ通信で1Gbpsを超える時代がもうそこまで来ているのですね。

この件については、新たな情報が入り次第追記したいと思います。

■追記
W05とW04は同じLTEモデムなようです。1Gbps超えは次回作に期待しましょう。

厚さが12.6mmで最薄へ

モバイルWiFiルーターはバッテリー容量の増大化に伴い厚さが増してきていたのですが、W05は12.6mmと現行機種で最薄になりました。

横幅、縦幅はWX04には及ばないものの、W04で不評だった厚みは解消されたようですね。

W05の実機をレビュー

W05の実機(ホワイト)を入手しましたのでレビューを共有します。

据え置きでもシャープなデザイン

クレードルを装着した状態。「WiMAX2+」の文字列も横文字になりに美しくなりました。

ハイパフォーマンスモードへの自動切り替え機能があることもあり、クレードルへの装着時間が長くなりそう。写真は「HS+A」で通信していますが、通常は「HS」がよいでしょう。

クレードルに装着したWiMAX W05

個人的にいいなと思ったのは背面のカット。丸みを帯びたデザインから角ばったものに変更されています。

クレードルに装着したWiMAX W05 後ろ

気になる厚さを比較してみる

W04と厚さを比べてみました。カラーが異なるため写真ではわかりにくいかもしれませんが、W05のほうが若干薄いのがわかりますか?

W05とW04の厚さを比較

上記の写真ではわかりにくかった方もこちらの写真ではわかるのではないでしょうか。こうして比べてみると2mmとはいえ違いがはっきりとわかりますね。

W05とW04の厚さを比較 その2

実際手にとってみると、「nano SIMを採用ルーターで最薄」を実感できますよ!

かんたん設定の「引っ越し」機能

今作から追加された「Wi-Fiの引っ越し」機能はかんたん設定にあります。もちろんSSIDが変更になっても構わないという方はこれまでどおりの方法が使えます。

W05の簡単設定

もちろんプロファイルの設定機能も健在

APN(Access Point Name)の設定画面も健在です。通常は触れる機会はありませんが、WiMAX2+が不要になってからもモバイルWiFiルーターとして活用できますね。

W05 のプロファイル設定

W05を購入する前に注意することは?

マイクロSIM(micro SIM)は使えない

W05はnano SIMを採用しています。(UQWiMAXの公式サイトではUIMカードバージョンにNano ICと書かれていますが意味は同じです。)

そのため、W04やWX03で採用されているmicro SIMを差し替えはできません。

執筆時点でnano SIMカードの差し替えが可能なルーターは、昨年10月に発売されたWX04と12月に発売されたL01sのみです。

■補足
旧モデルとnano SIMに互換性が無いことも判明しています。変換アダプタを使ってnano SIMをmicroSIMに変えてW04等を使うことはできません。自社で発行したSIMカードの使いまわしができないため、「他社SIMフリー」などと呼ばれています。

なお、この問題はSIMカードの差し替えを考えるギークな方にのみに発生するため、これから新規でW05を購入する方にとってはまったく問題ないのでご安心ください。

クレードルの流用はできない

すでに他のWシリーズのクレードルを持っていたり、少しでも安く入手しようと考えている方は気になるところでしょう。

ざんねんながらクレードルの流用はできませんでした。少々削れば可能なようですがおすすめできません。

もし迷われているのであれば、後から3,000円程度で購入することも可能ですので、実際に使ってみてから判断するのもひとつの手です。

付属のケーブルはUSB2.0 TypeA-C

W05に付属している試供品のケーブルの規格はUSB2.0 TypeA-Cです。

急速充電(Quick Charge 3.0)には影響しないので困る方は少ないのですが、インターフェイスがUSB3.0 Type-Cであることを考えると、USB経由でネットに繋ごうと考えている方はケーブルを自分で購入したほうが快適になるでしょう。

もちろんWi-FiやBluetooth接続を考えている方には何も問題はありません。

まとめ

  • WiMAX W05 の実機

これからWiMAX2+を検討される方は絶対買い!

ここまでW05のスペックをさまざまな角度から比較してきました。

UL CAに対応したことで上り速度が2倍になったのは嬉しいですね。LTEモデムの型番や今後のファームウェアの更新でどこまで伸びるかが楽しみです。

はじめてWiMAX2+を購入される方には、現行機種(W05、WX04、W04)のなかでW05が文句なしにおすすめでしょう。

すでにW04をお持ちの方は焦って買い替える必要はないと思います。W05はSIMフリーではあるものの、WX04以前に発売されたルーターとsimの互換性がないことが最大の理由です。ヤフオクなどで白ロムを購入しても使えませんのでご注意ください。万一のことがあってもプロバイダーのサポートも受けられません。

個人的には購入を考えています。 昨年はW04をメインで使用してきたこともありますし、UL CAの上りがどれほどのものか興味があるからです。購入した場合はしっかりレビューしたいと思います。(レビューはこちら

 

<最新版>W05をお得に入手するためには?

プロバイダのキャンペーンを活用しましょう。

W05については、MVNO(プロバイダ)ごとに取り扱い方が変わっておりキャンペーン内容の差分が大きいため少しで解説しておきます。

2年契約のキャンペーンが用意されているプロバイダ

W05で2年契約がキャンペーンの対象になっているのはGMOとくとくBBのみです。GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取り方法が少々難しいですが、還元率が高く業界最安値級で利用できる人気の高いプロバイダです。格安SIMなどLTEの環境は別にあってWiMAX2+はデータ通信の速さと量を求める方におすすめです。

3年契約のキャンペーンが用意されているプロバイダ

こちらは選択肢が多いのですが、2年契約でご紹介したGMOとくとくBBに加え、月額料金の割引に特化したキャンぺーンを実施してるSo-netもおすすめです。月額料金の割引キャンペーンは自動的に月々の支払金額を安くしてくれるキャンペーンです。実質月額はキャッシュバックほど安くはならないものの、特典を確実に受け取れるメリットがありますよ!

WiMAXのプロバイダをまとめて比較したい場合は?

他のプロバイダ、例えばクレジットカード払いが不要なプロバイダが知りたいという方は、WiMAXキャンペーンの比較ランキングを参考にしてみてください。こちらのページも最新の情報が入り次第、随時更新しています。

更新情報

2018年01月21日:初版
2018年03月01日:BIGLOBEでの取り扱いが開始されました。
2018年07月15日:速度UPについて追記しました。
2018年07月16日:レビューを追記しました。

おすすめの記事

WiMAXルーターW05のイメージ 1
WiMAXルーターW05のスペック比較!他機種との違いや変更点とは?10,985 ワイマ―!

Speed Wi-Fi NEXT W05(以下、W05)が1月19日に発売されました。 Huawei製でハイスペック、昨年、人気であったWシリーズの最新モデルということもあり、2018年のWiMAX2 ...

WiMAXルーターWX04のスペック比較! 2
WiMAXルーターWX04のスペック比較!これ1台で自宅もカバー!10,044 ワイマ―!

UQWiMAXからSpeed Wi-Fi NEXT WX04(以下、WX04)が発表されました。旧モデルとなったWX03が発売されてからちょうど1年になりますね。 結論から言ってしまえば、今回はフルモ ...

WiMAXルーターW04のスペック比較!史上最強と評判の実力とは? 3
WiMAXルーターW04のスペック比較!史上最強と評判の実力とは?95,743 ワイマ―!

Speed Wi-Fi NEXT W04(以下、W04)が2月中旬に発売されました。 当初の予想どおり、auだけでなくUQWiMAXとそのMVNOからもW04が発売されることになりましたね! 最安値の ...

GMOとくとくBB WiMAXキャンペーン 2018年8月 4
GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンをレビュー!29,923 ワイマ―!

こページではGMOとくとくBBにてWiMAXをご検討されている方に向けて、最新のキャンペーンの情報と実際にプロバイダを使ってみたレビュー(口コミ)をお伝えします。 GMOとくとくBBはキャンペーンの品 ...

So-net WiMAX キャンペーン 2018年7月 5
So-net WiMAXのキャンペーンと口コミ・評判16,278 ワイマ―!

このページではWiMAXをご検討されている方に向けて、So-netの最新のキャンペーン情報と実際に使ってみた口コミをお伝えします。 So-net WiMAXはソニーグループのプロバイダー。初心者向けの ...

-モバイルWi-Fiルーター

Copyright© はじめてWiMAX , 2018 AllRights Reserved.