WiMAXルーターW04のスペック比較!史上最強と評判の実力とは?

画像引用:https://www.au.com/mobile/product/data/w04/

WiMAXルーターW04のスペック比較!史上最強と評判の実力とは?

投稿日:2017年1月21日 更新日:

Speed Wi-Fi NEXT W04(以下、W04)が2月中旬に発売されました。

当初の予想どおり、auだけでなくUQWiMAXとそのMVNOからもW04が発売されることになりましたね! 最安値のプロバイダ情報の詳細を含めて追記しました。

現在、SIMフリーとQuickCharge3.0に対応していることが判明しています。強制再起動などの不具合も現時点では報告されていません。(2017/3/10)

結論から言ってしまえば、W04はWiMAX2+史上最強のスペックでルーターであり、この春、買い替えの時期を迎えている方にとって、最も有力な候補です。

これまでは、au 4G LTEが使えるSpeed Wi-Fi NEXT W03(以下、W03)と、下り最大440Mbps対応のSpeed Wi-Fi NEXT WX03(以下、WX03)が人気でした。今回のW04は、W03の後継機種に相当します。

この記事では、W04の魅力をスペック比較の観点からお伝えしていきます。WX03と比較検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

【W04を最安値で入手する方法】
現時点では、GMOとくとくBBの「31,300円キャッシュバック」プランが最安値。クレードルも欲しいなら「28,500円のキャッシュバック」を狙いましょう。新生活が始まる4月は、一年で最も安く買える時期です!工事不要のWiMAXなら、新居ですぐにネットできますよ。

Speed Wi-Fi NEXT W04の魅力とは?

WiMAX2+単独で下り最大440Mbpsに対応

画像引用:UQWiMAX

下りの通信速度が最大440Mbpsになりました。

下り最大220MbpsのWiMAX2+をキャリアアグリゲーション(以下、CA)で束ねるWX03と同様の方式であるため、追加料金は発生は一切発生しません。

難癖をつけるとすれば、下り最大440Mbpsで通信できるエリアは東名阪を中心に順次拡大中であるということでしょう。こればかりは待つしかないですね。なお下り最大440MbpsのエリアについてはUQWiMAXの公式サイトで確認できます。

LTEを利用した下り最大370Mbpsにも引き続き対応

WiMAX2+とau 4G LTEをCAで束ねる通信方式にも、引き続き対応しています。

W03から実装されたこの通信方法は下り最大370Mbpsでデータ通信が可能な一方、au 4G LTEのネットワークを使うためハイスピードプラスエリア(オプション)への加入が必要です。

また、お住いの地域が下り最大440Mbpsに対応すれば、わざわざ下り最大370Mbpsで通信する必要もなくなるため、速度には魅力を感じないかもしれません。

しかし、WiMAX2+よりも人口カバー率の高いau 4G LTEを使えることはメリットとして変わっていません。ビジネスなど、よりシビアな環境でモバイルWiFiルーターを使おうと考えている方にとっては欠かせないポイントです。

スティック型の筐体でスマホ感覚で操作できる

Speed WiFi NEXT W04はスティック型

タテ型の筐体になり、片手で操作しやすくなりました。

現在販売されているモバイルWiFiルーターはヨコ型の筐体が多いです。どこかに置いて操作するときは気になりませんが、片手で持ってタッチパネルを操作するのはちょっとシンドイ。

その点、W04の横幅はわずか53mmですので、電車のつり革を掴んでいる状態でも楽に操作できるでしょう。手が小さい方や女性にもやさしいインターフェイスだと思います。

タテ型と聞くとクレードルに挿した状態の安定感が気になりますが、ご安心ください。クレードルに挿す場合、W04は従来どおりの横置きになります。

WiMAX2+の上り速度が2倍に向上

WiMAX2+の上り速度がこれまでの1.5倍~2倍になりました。

W03では上り最大10Mbpsだったのですが、W04では通常時に15Mbps、CA時に30Mbpsと大幅に向上し、WX03と並びました。これはau 4G LTEで接続した場合の上り最大25Mbpsを上回ります。(対応エリアは順次拡大中です。)

下り回線の使用頻度に比べて上り回線を使う機会は圧倒的に少ないのですが、メモアプリのEvernoteやオンラインストレージのDropBox、またスカイプやLINEといったメッセージアプリの使い勝手が良くなると考えるとイメージしやすいでしょう。

Bluetoothでテザリングできる

ついにBluetooth接続に対応しました。

WX03のシリーズではおなじみのBluetooth接続ですが、これまでW03シリーズでは実装されていませんでした。Bluetooth接続は、WiFiで接続した場合に比べて消費電力が少なくて済みます。

その結果、通信モードをハイスピードモード、パフォーマンス設定をノーマルにしたW04の連続通信時間を比べると、WiFi接続時が9時間であるのに対し、Bluetooth接続時では15時間と明確な差があります。

ただし、ケータイWacthによれば、W04のBluetooth接続は通信速度が3Mbpsとのこと。WiFi接続時に比べてかなり遅いので少々残念ですが、バッテリーを節約したい場合に活用できるでしょう。

USB3.0 Type-Cに対応

USBインターフェイスがUSB3.0 Type-Cになりました。

W04で採用されているUSB3.0 Type-Cは、W03で採用されていたmicro USB 2.0と異なり、上下左右が無いため、挿し間違えることがありません。

急速充電のQuickCharge3.0に対応しているかどうかが気になりますが、これについては情報がわかり次第更新しますのでしばらくお待ちください。

QuickCharge3.0に対応していることが判明したようです。QuickCharge3.0は2.0と比べて38パーセントも給電能力が向上したと言われています。必須の機能ではありませんが、時間がないときにサクッと充電できるのは使い勝手がよいですね。(2月17日)

SIMフリー端末

上級者向けの情報ですが、W04はSIMフリーです。WiMAX2+の利用を終えたら、LTE回線のMVNOにてSIMカードを入手し、そのまま使うこともできます。ドコモ(docomo)のSIMも使えるようですので、用途が広がりますね。SIMカードの相性については、別の機会にまとめます。

W04とWX03の違いは?スペックを比較しよう!

製品名質量サイズ連続通信時間
(Wi-Fi)

連続通信時間
(Bluetooth)

連続通信時間
(LTE)

連続待受時間

メーカー最大速度WiMAXLTEWi-Fi規格


USB規格

バッテリー容量

Speed Wi-Fi NEXT W04約140g約W53×H130×D14.2mm約 6.5時間:ハイパフォーマンス設定
約 9.0時間:ノーマル設定
約10.5時間:バッテリーセーブ設定
約 10.0時間


約 4.3時間:ハイパフォーマンス設定
約 6.5時間:ノーマル設定
約 9.1時間:バッテリーセーブ設定
休止状態:約850時間
クイックアクセスモード設定時:約38時間
ファーウェイ(HUAWEI)440Mbps / 30Mbpsなし対応11ac/n/a(5GHz帯)
11n/g/b(2.4GHz帯)
USB3.0 Type-A
USB3.0 Type-C

2,750mAh

Speed Wi-Fi NEXT WX03約110g約W110×H66×D9.3mm約 7.3時間:ハイパフォーマンスモード
約10.0時間:ノーマルモード
約12.3時間:エコモード
約 9.0時間:ハイパフォーマンスモード
約15.0時間:ノーマルモード
約15.2時間:エコモード



休止状態:約1100時間(リモート:有)
ウェイティング:約45時間
NECプラットフォームズ440Mbps / 30Mbpsなし未対応11ac/n/a(5GHz帯)
11n/g/b(2.4GHz帯)
microB-Type

2,890mAh

Speed Wi-Fi NEXT W03約127g約W120xH62xD11.4mm約 6.5時間:ハイパフォーマンス設定
約10.2時間:ノーマル設定
約12.2時間:バッテリーセーブ設定



約 5.8時間:ハイパフォーマンス設定
約 7.2時間:ノーマル設定
約11.3時間:バッテリーセーブ設定
休止状態:約1040時間
クイックアクセスモード設定時:約45時間
ファーウェイ(HUAWEI)370Mbps / 25Mbpsなし対応11ac/n/a(5GHz帯)
11n/g/b(2.4GHz帯)
microB-Type

3,000mAh


W04にデメリットはあるのか?

バッテリーの容量が減った

4×4MIMOに対応したことにより筐体内部のスペースに余裕が無くなったのでしょう、W04のバッテリー容量は2,750mAhとなり、W03に比べて250mAhほど減ってしまいました。それにもかかわらず、質量が13gほど増えています。

また4×4MIMOの消費電力が大きいことも相まって、連続通信時間、連続待受時間はWX03やW03と比べて短くなってしまいました。

最も使用頻度が高い、

  • 接続方法:WiFi
  • 通信モード:ハイスピードモード
  • パフォーマンス設定:ノーマル

といった具体的な条件で比較してみると、W03よりも70分ほど短いです。

しかし、短くなったといっても理論上の連続通信時間は9時間もあります。外出先でそこまで長時間の連続通信をすることはまずないため、気にしなくてよいレベルではないでしょうか。

なお、実際に実機を入手した方に話を聞いてみたところ、環境によっては9時間を超えて稼働することも可能なようです。どうやらパフォーマンス設定の「ノーマル」が優秀みたいですね。

クレードルに拡張アンテナが付いていない

WX03のクレードルには、宅内で利用向けに拡張アンテナが付いていますが、W04のクレードルにはついていません。据え置きで使うことが多く、外に持ち出す機会はあまりないという方は、WX03を検討してみてもよいでしょう。

ただ、旧モデルのW03で実験してみたところ、ワンルーム程度の広さであれば拡張アンテナが無くても困りませんでしたので、参考にしてみてください。W04はタテ長になったため、それだけ感度があがっている可能性があります。

裏技としてイーサネット(Ethernet)で無線LANルーターに接続しアクセスポイントを立てる方法がありますが、モバイルWiFiルーターでそこまでやるのも何か違う気がします。

これは私の見解ですが、「充電時以外は鞄かポケットのなか」というタイプの方は、クレードルが不要だと考えています。スマホのクレードルを使っているかどうかが、あなたのバロメータになるのではないでしょうか。

W04とWX03どちらがおすすめ?

W04がおすすめなタイプはこんな人

W04は、現行のWiMAX2+における最高スペックのルーターであり、今後のトレンドになる2波CAと4×4MIMOによる下り440Mbpsに対応しています。そのため、買い替える必要はしばらくないでしょう。次は256QAMに対応した機種が登場する考えられますが、少なくとも半年は先の話です。

また、Wシリーズは初心者の方や女性でも使いやすいことをコンセプトにしていますので、はじめてモバイルWiFiルーターをお持ちになる方でも安心して利用できます。

以上のことを踏まえると、

  • はじめての方や女性の方
  • au 4G LTEが必要な方

におすすめなモバイルWiFiルーターだといえます。

WX03がおすすめなタイプはこんな人

ここではW04を推してきましたが、先行発売されたWX03が劣っているわけではありません。WX03は、W04と同様に下り440Mbpsに対応しており、Atermシリーズで定評のあるNECプラットフォームズ製という安心感があります。

au 4G LTEには対応していませんが、オプション契約をするつもりがないのであればそもそも不要ですよね。W04よりも30gも軽く電池の保ちもよいといった使い勝手のよさに着目しましょう。

  • Atermシリーズのファンの方
  • au 4G LTEが不要な方

なおWX03について詳細を知りたい方は、次のページも参考にしてみてください。

WX03とW03を比較!LTEとBluetoothに違いあり!

みんなの口コミは?

Twitterの反応

実測で下り100Mbps!いい感じに速いですね! コンスタントに70Mbpsから80Mbps出てるという報告や、180Mbps以上でてる方も見かけましたので、速度は申し分なさそう。

WiMAX2+の上りは10Mbpsでした。下りに比べると上りを使う機会は少ないですが、30Mbpsになった恩恵は大きいですね。スマホで作成したちょっと大きめのPDFを、オンラインストレージにUPするのが少し楽になりました。

まとめ:W04は現行WiMAX2+の完成形である

以上、この記事ではWiMAXルーターW04のスペックをWX03やW03と比較し実力を解説してきました。auに引き続きUQWiMAXでもW04の発売が決まり何よりです。

WiMAX2+がスタートしたときに、「東京オリンピックまでにモバイルデータ通信で下り最大1GBを目指す」とUQWiMAXの方がコメントしていましたが、WX03で一段階レベルがあがり、W04にてブラッシュアップされた印象を受けます。

110MbpsのWiMAX2+をCAで束ね、4×4MIMOで倍速化する技術は、現行WiMAX2+の完成形といえます。今のタイミングでルーターを入手すれば長く使えること間違いなしですね。気になった方はぜひチェックしてみてください。(個人的にはW03から乗り換え予定です。)

なお、UQWiMAXは2017年の夏にau 4G LTEの無料化を検討しています。現在LTEが無料化されているのはauスマートバリューのユーザ-のみですが、一般のユーザーでも一定の条件を満たすことで使えるようになるとのこと。

提示される条件次第ですが、エリアに強いLTEが使えるようになることは朗報ですよね。当たり前ですが無料化の恩恵を受けるためには、LTE対応のモバイルWi-Fiルーターが必要になります。先を見据えてW04を選んでおくものありではないでしょうか。

<最新>W04を入手するためのお得な情報

新型のルーターの場合、プロバイダごとに予約開始日が異なります。発売開始直後は在庫切れ必須ですので、最新の情報を入手次第更新していきます。

W04は2月17日のAM9:00から発売され、すでに人気が沸騰しています。WX03やW03が発売された当初もそうでしたが、繁忙期に需要が高まると納品待ちとなる可能性がありますので、欲しい方はお早目の決断をおすすめします。

主要なプロバイダのラインナップにひと通り出揃いましたので、W04を入手する前提で、どのようにプロバイダを選んでいけばよいかご紹介しましょう。

最安値はGMOとくとくBBのキャッシュバック

まず、2年契約で考えた場合の最安値はGMOとくとくBBです。GMOとくとくBBは比較的新興系のプロバイダであり、開始当初はサポートへの電話がつながりにくいこともありました。ただし、それは過去の話です。

今のGMOとくとくBBは大幅に強化され電話も繋がりやすくなりましたし、BBnavi(WEBメール)からメール転送もできるため、著名なプロバイダと比較しても遜色ありません。もちろん契約更新月であればWEBからの解約手続きも可能です。

実質月額で2,000円台はやはり魅力的ですよね。気に入らなければ次回乗り換えればよいだけの話です。WiMAX2+の品質はどこでも同じですので、とくとくBBを使ったことが無い方は、特権を生かし試してみてはいかがでしょうか。

GMOが好みでない方にはSo-netかBIGLOBEがおすすめ

それでもGMOはなんとなく嫌だという方は、今月から春先に向けてキャンペーンを大幅に強化しているSo-netかBIGLOBEがよいでしょう。どちらも月額割引のキャンペーンが刷新されています。

ただし、総額を計算してみたところSo-netのほうはキャッシュバック特典を選んだほうが若干お得なのに対し、BIGLOBEは月額割引の方がお得になるという結果でした。どちらの特典を選ぶかは好みにもよりますね。

支払い方法に口座振替を選びたい場合は、BIGLOBE一択です。

長く使うほどお得なプロバイダを選ぶという方法もある

W04は完成度が高く息の長いルーターとなるでしょう。通常、プロバイダの契約は2年毎の見直しがおすすめですが、W04においては25ヶ月目以降から本領を発揮するBroad WiMAXとも相性がよいです。初期費用割引はタイムセールとなっていますので、長期の利用を考えている方はチェックしてみましょう。

それでも決まらなければ、比較してみよう!

それでも決め手に欠くようであれば、トップページのランキングで各プロバイダーの要点をまとめていますので比較をしてみましょう。あなたにとってのベストが見つかるといいですね!

更新情報

2017/1/22 : W04の発売日は1月下旬との情報を追加しました。
2017/1/25 : UQWiMAXからW04の発売が発表されました。
2017/1/25 : GMOとくとくBBでW04の先行予約が発表されました。
2017/1/27 : Broad WiMAXの先行予約が始まりました。
2017/1/28:W04の発売日(2月17日)が判明しました。
2017/2/2 :So-netでW04の予約が始まりました。
2017/2/7 :BIGLOBEでW04の予約が始まりましたので追記しました。
2017/2/14:W04の発売時間が決まりました。
2017/3/1:SIMフリー&QuickCharge3.0対応が判明しました。

おすすめの記事

WiMAXルーターW04のスペック比較!史上最強と評判の実力とは? 1
WiMAXルーターW04のスペック比較!史上最強と評判の実力とは?28,937 ワイマ―!

Speed Wi-Fi NEXT W04(以下、W04)が2月中旬に発売されました。 当初の予想どおり、auだけでなくUQWiMAXとそのMVNOからもW04が発売されることになりましたね! 最安値の ...

WX03とW03を比較 2
WX03とW03を比較!LTEとBluetoothに違いあり!33,659 ワイマ―!

WiMAX(ワイマックス)の最新ルーター、Speed WiFi NEXT WX03(以下、WX03)がNECプラットフォームズからついに発表されました。WX02が登場してから約1年。下り最大速度が44 ...

3
GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンのレビュー18,195 ワイマ―!

こページではGMOとくとくBBにてWiMAXをご検討されている方に向けて、最新のキャンペーンの情報と実際にプロバイダを使ってみたレビュー(口コミ)をお伝えします。 GMOとくとくBBはキャンペーンの特 ...

BIGLOBE WiMAX キャンペーン 2017年4月 4
BIGLOBE WiMAXのキャンペーンの口コミ・評判4,717 ワイマ―!

このページではBIGLOBE WiMAXをご検討されている方に向けて、キャンペーンの最新情報と実際に使ってみた口コミをお伝えしています。 BIGLOBE WiMAXは元NEC系列のプロバイダー。古くか ...

So-net WiMAX キャンペーン 口コミ 5
So-net WiMAXのキャンペーンと口コミ・評判7,287 ワイマ―!

このページではSo-net WiMAXをご検討されている方に向けて、最新のキャンペーン情報と実際に使ってみた口コミをお伝えします。 So-net WiMAXはソニーのプロバイダーです。機器の補償や初心 ...

-モバイルWi-Fiルーター

Copyright© はじめてWiMAX , 2017 AllRights Reserved.