WiMAX キャンペーンをお探しですか!?

高速モバイルデータ通信ができる環境をお探しならWiMAXが断然おすすめです。

なぜなら、WiMAX2+であれば3日間の通算で3GBまで高速データ通信が可能、もし使い過ぎて3GBを超えてしまった場合でもYoutubeの標準画質の動画を視聴できるレベルの通信速度は確保されてるためです。

しかも3GBを超過した場合の制限時でも下り速度は6Mbps前後。よくある128Kbpsではありません。加えて「ギガ放題」であれば月間データ量は無制限です。

またコストパフォーマンスが高いことも大きな魅力の一つ。どうせなら通信費も安くしたいと思いますよね? WiMAXであれば光回線に匹敵する高速データ通信が格安で手に入るうえ、モバイル端末のパケット代もストレスなく節約できます。

そのほか、開通工事が不要であること、引っ越しの手続きが不要なことなど、ここでは紹介しきれない「WiMAXだからできること」がたくさんあるのです!

「はじめてWiMAX」で得られるメリット

実際の体験談が情報元のオリジナル情報が満載!

管理人もWiMAXのユーザーでありSo-net、GMOとくとくBB、BIGLOBE…とこれまで数々のプロバイダーを渡り歩いてきました。それらの経験を活かし徹底したユーザー目線のレビューを行っています。

また毎月20社を超えるプロバイダーのキャンペーンに目を通し、長年ITの仕事に携わってきた経験から「これは良い!」と判断したキャンペーンのみ厳選してお伝えしています。

当サイトであれば、あなたのニーズに合ったプロバイダーの最新キャンペーン情報を迅速かつ確実に見つけることができるでしょう。

直接の申し込むよりもお得な公式情報をお届け!

WiMAXプロバイダー各社はWEB限定のキャンペーンを催していることをご存知でしょうか? このキャンペーンを活用すると公式サイトから申し込む場合よりも特典がアップします。お得過ぎるがゆえに期間や数量が限定される一面もありますが、当サイトの情報はすべてこのWEB限定のキャンペーンに焦点を当てています。

また当サイトではプロバイダー間を横断した比較を行います。

プロバイダー間を横断した比較は公式サイトや掲載料を必要とする価○.comはできません。当サイトは管理人が1ユーザーであり特定のプロバイダーに縛られることがないため可能になるのです。あなたに今もっともアツいキャンペーンをお届けできるでしょう。

家電量販店よりも自由で楽に契約できる!

WiMAXのルーターは自宅に届いた時点でWANの設定がほぼ完了しています。そのため開封後にWi-Fiの設定を行うだけで誰でも簡単に使い始めることができます。家電量販店で申し込んだ場合でも郵送で受け取りになります。わざわざ出向くメリットは全くないわけです。

また、家電量販店ではプロバイダー間を横断した比較はできません。なぜなら、特定のプロバイダーから派遣されている店員が自社以外のプロバイダーをおすすめするとは考えにくいからですね。

つまり、WEBサイトで好みのプロバイダーを見つけキャンペーンに申し込む方法が最も賢い方法であるといえます。後悔することがないように徹底的に比較検討し申し込みましょう。

プロバイダーへの同時加入の割引は本当に安いのか?

ここで少し余談ですが、巷でよく見る「プロバイダーへの同時加入で○○円割引」の制度は本当に安いのでしょうか? 確かに、これから買おうと思っている商品が値引きされると一見とても安く見えますがーー。

はっきり言って私は安いとは思えません。

なぜなら割引となる金額は、もともと私たちが受け取るべきキャッシュバックであると考えるからです。プロバイダーへの同時加入が無くとも、割引できる商品であれば交渉次第で値引きされるものです。試しにWEB限定のキャンペーンを見てみてください。キャッシュバックを直接受け取った方がずっとお得ですよ。

WiMAXキャンペーンの比較ランキング  (7月28日更新)

おすすめキャンペーンの紹介とレビュー

さっそく、当サイトおすすめのWiMAXキャンペーンの比較ランキングをご紹介しましょう。気になったプロバイダーがあればぜひチェックしてみてください。

今月はキャッシュバックと月額割引を強化しているGMOとくとくBB、W02のみですが800台限定で月額割引を復活したSo-net、口座振替が可能なBIGLOBEのキャンペーンが特におすすめです。

また、いよいよSpeed Wi-Fi NEXT W03の出荷が始まりました。W03はバッテリーの持ちが大幅に改善されたため、現時点で最もおすすめなルーターです。新たな情報が入り次第、当サイトでもしっかりとお伝えしていきますのでご期待ください。ポケモンGOをされている方は通信をWiMAXにすることで電池の節約になりますよ!

No.1 GMOとくとくBB WiMAX

絶対に損はしたくないというであれば、GMOとくとくBBがおすすめです。なぜなら、高額なキャッシュバックと安価な月額料金でコストパフォーマンが最も良いプロバイダーだから。 安いからといってサービスの品質が落ちるわけではないのでご安心ください。WEBメールや機器補償のオプションなど必要と思われるサービスはひととおり揃っています。他社と比較すると知名度は低い印象を受けるかもしれませんが、実際に利用してみると全く問題ありませんでした。こだわりの条件がないのであれば、GMOとくとくBBを選んで間違いありません。20日以内であればキャンセルできるので不安な方も◎

No.2 So-net WiMAX

クレードル無しで月額料金が安くなるSo-net。ソニーのプロバイダーというだけあって、初心者向けの安心サポートや玄人向けのグローバルIPアドレスオプション、両者におすすめなセキュリティのオプションなど、付帯サービスはどこよりも充実しています。そのため、これまでのキャンペーンは控えめでした。しかしキャンペーンが強化された結果、今月は自由で格安なプロバイダーと産まれ変ったのです。キャッシュバックを考慮しなくとも月々3,980円で利用できるのはSo-netだけのメリット。キャッシュバックとの合わせると実質月額2,800円以下でWiMAX2+を手に入れられるのは大変魅力的ではないでしょうか? 

No.3 BIGLOBE WiMAX

支払い方法に口座振替を選択できる数少ないプロバイダーのBIGLOBEです。老舗であるため有名ですね。名前を聞いたことがある安心感は大きいでしょう。実は、BIGLOBEは契約後に使うことになる会員ページの使い勝手が非常に良く、プランの変更やオプションの申し込みをスムーズに行うことができます。この点は他社と比較しても使いやすさはダントツでしょう。また最近はグローバルIPアドレスオプションに対応し弱点もなくなりました。クレジットカードで支払いをしたくない方にとってはBIGLOBEが間違いなく最有力候補です。

当サイトがおすすめするWiMAXキャンペーン比較ランキングは以上です。

ワイモバイルやドコモよりWiMAXがおすすめな理由

モバイルデータ通信はUQWiMAX以外のネットワーク、つまりワイモバイルやドコモのネットワークでも可能です。しかし当サイトはワイモバイルやドコモよりもWiMAXをおすすめしています。なぜでしょうか?

それはWiMAXのコストパフォーマンスの方が圧倒的に良いためです。

ここから先はUQWiMAXのライバル社であるワイモバイルやドコモのサービスとWiMAXを比較することでWiMAXのコストパフォーマンスの良さをあらためて確認していくことにしましょう。

ワイモバイルには3日で1GB制限もある

ワイモバイル(Y!mobile)をおすすめできない理由、それはプランによっては3日間の通算データ使用量が1GBのを超えただけで速度制限がかかってしまうからです。最近になってようやくWiMAX2+でいうところの3日間で3GBに相当するプランも出てきましたが対象は新設されたプランのみです。

また3日間の通算データ量を超過した場合の速度が不明瞭であることや、VoIP(IP電話)や動画のパケットが再編成されることも気になります。品質には問題ないとされていますが、画質重視の方などは気になるはずです。

スマートフォンにおける制限であれば電話機能があるため多少は理解できるのですが、データ通信専用端末の制限としては少々厳し過ぎるのではないでしょうか。

ドコモは3日間のデータ量制限は無いが料金が高い

ドコモ(NTT docomo)では今のところ3日間の通算データ使用量に制限はありません。さすがドコモ。相当太い回線を持っているのでしょうね。ネットワークもPREMIUM 4GやXiなど、WiMAX2+に勝るとも劣らない規格が用意されています。

ただし、料金もかなり高いのがドコモなんです

標準構成(月間データ量5GB)でも月々6,400円ほどはかかります。この金額にはルーター代を含めていません。しかも、5GBを超過した場合は通信速度が128kbsと制限されますので、結局のところ追加料金を払って速度を回復することになるでしょう。追加料金は1GBあたり1,000円ほどです。

一方で、WiMAX2+の制限はというと3日間で3GBを超過した場合の速度制限のみです。ギガ放題を選べば月間データ量には制限がありません。

他社との比較でみるWiMAXのメリット

先述した内容からWiMAXのコストパフォーマンスがいかに高いかお分かりいただけたでしょうか。WiMAXをワイモバイルやドコモと比較した結果を再度まとめると次のようになります。

  • ワイモバイルは新プランのみ3日間で3GB制限。
  • ワイモバイルにて月間データ量無制限となる条件はかなり限定される。
  • ドコモは3日間制限はなし。ただし料金がとても高い。
  • ドコモには月間データ量無制限プランは無い。

3日間で3GBの制限を超えるとどうなるの?

ここまで、WiMAX2+の3日で3GBの制限について何度か繰り返しご紹介してきました。WiMAXがおすすめなのはわかった。でも制限が気にになるんだよね…という方もいるのではないでしょうか?

公式には制限時の速度はYoutubeの標準画質の動画を視聴できるレベルということになっていますが、実際のところどれくらいの速さなのか?と気になりますね。

サービスをリリースする前の公式のコメントでは「700kbps程度は確保したい」となっていましたが、現在は紆余曲折を得てずっと高速になっています。ただし、まだ正式な速度は発表されておらず実測の数字ですのでご了承ください。

WiMAX2+制限下の速度は現状で6Mbps前後

現状で制限下の速度がどれくらいになるのか計測してみました。個人的な環境では5.8Mbps程度です。他のユーザーの計測値を調べてみたところ6Mbps以上出ている人もいるみたいですね。

これだけの速度がでれば十分に実用できるレベルです。制限下の速度が1Mbpsを切っていたときはノーリミットモード(無印WiMAX)に切り替えて使用する方法が話題になりましたが今はもうおすすめしません。WiMAX2+でいきましょう。

WiMAXのキャンペーンを選ぶポイント

ここでWiMAXプロバイダー各社がどのようなキャンペーンの特典を用意しているか簡単にご説明しましょう。WEB限定のキャンペーンでは次の5つの特典が用意していることが多いです。

  1. ルーター代が無料
  2. 月額料金の初月無料
  3. 月額料金の3ヶ月間割引
  4. 月額料金の24ヶ月間割引
  5. キャッシュバックまたはタブレット等

WiMAXプロバイダー各社はUQWiMAXのキャンペーンをベースにしつつ自社と他社の差別化を図るキャンペーンを催しています。この中で最も差がでるのはキャッシュバックやタブレット等です。

プロバイダーによっては複数のキャンペーンを同時に展開していたり、特典を選択できるところもありますので、あなたの好みの特典を選ぶとよいでしょう。

キャッシュバック特典とは?

プロバイダーを一定期間継続利用をすることでキャッシュバックが貰える特典です。現金が貰えるキャンペーンと商品券が貰えるキャンペーンに分かれます。キャッシュバックが貰えるまでに必要な継続利用の期間はおよそ12ヶ月前後だと考えましょう。

お申し込みの時期によってはキャッシュバック額が30,000円を上回るプロバイダーもあり、この特典を選ぶことで月額料金を実質的に1,500円以上も安くすることが可能です。

高額キャッシュバック額で代表的なプロバイダーはGMOとくとくBB WiMAXです。またキャッシュバックを受け取るまでに必要な期間が最も短いのはUQWiMAXの翌月末となっています。ただしUQWiMAXの場合は現金キャッシュバックではなく商品券でのキャッシュバックです。

タブレットやノートPC特典とは?

キャッシュバックの代わりにタブレットやノートPCを貰える特典のことです。キャッシュバック特典の場合、申し込みから実際の受け取りまでに一定期間の継続利用が必要であるのに対し、タブレット・ノートPC特典では申し込みとほぼ同時にキャンペーンの特典を貰うことができます。

モバイルWi-Fiルーターを持つならガッツリ使いたい!と考えるのは自然なこと。スマートフォンやゲーム機だけでなくタブレットやノートPC、デジカメなどもWi-Fiで繋いでみましょう。

まだタブレットをお持ちでないという方はぜひ一度、Wi-Fiとタブレットをセットで使ってみてください。想像以上に使い勝手が良く手放せないものとなるでしょう。

特集コンテンツのお知らせ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

これまでWiMAXのキャンペーンをお探しの方へ、WiMAXをおすすめする理由、当サイトで得られるメリット、ワイモバイルやドコモとの比較、そしてWiMAXキャンペーンを選ぶポイントをじっくりとご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

個別ページではトップで取り上げ切れなかった話題をより掘り下げてご紹介しています。WiMAXに少しでも興味が湧いた方や自分にぴったりのプロバイダーやキャンペーンを見つけたい方はこのまま読み進めてみてください。きっと満足のいく結果が得られますよ!!

現在、数あるWiMAXキャンペーンの中でもキャッシュバック特典に焦点を当てた特集を行っています。WEB限定のキャンペーンの中でも特にキャッシュバック額が高いプロバイダーをランキング形式でご紹介していますので、まずはこちらからご覧になってみてはいかがでしょうか?↓↓↓

WiMAXキャンペーンのランキング

またキャンペーンの特典だけでなくWiMAXプロバイダーのサービスを比較したいという方のための記事もご用意しています。たとえばプロバイダーによっては「口座振替」や「メールアドレス」のサービスが無いプロバイダーもあります。プロバイダーのサービスを細部までじっくりと比較・検討されたい方はこちらからご覧になることをおすすめします。↓↓↓

WiMAX比較

 

最新キャンペーン情報

他サイトにはない耳より情報!
GMOとくとくBB WiMAXでは7月31日までの期間限定で、月額料金が2760円~になるキャンペーンが実施されています。同様のキャンペーンを実施中のプロバイダーはあるものの最新のモバイルルーターが使えて、月額料金が割引となるキャンペーンは他にありません。紹介できるサイトは少ないため、興味がある方はぜひ見てみてくださいね。

キャッシュバックで比較するならGMOとくとくBB WiMAX

今月はGMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンが3万1千円の大台に乗っています。最新のモバイルルーターSpeed Wi-Fi NEXT W03やWX02を選択した場合でもキャッシュバックはなんと31,000円です。高額キャッシュバックを狙うのであれば迷わずGMOとくとくBBでいきましょう。

口座振替で比較するならBIGLOBEかUQWiMAX

口座振替を希望される方の救世主BIGLOBE WiMAXも好調です。クレジットカード払いを希望されない方はUQWiMAXも選択肢になるのですが、キャッシュバックが20,000円であることを考慮するとBIGLOBE WiMAXの方が断然お得でしょう。

月額料金で比較するならSo-net WiMAXかBroad WiMAX

キャッシュバックをもらいつつある程度月額料金の安さを求めるのであればSo-net WiMAXのキャンペーンがおすすめです。GMOとくとくBBにこそキャッシュバックでは負けますが、月額3,980円となるため、月々の支払額を減らしたい方には最適な選択肢になるでしょう。

一方、月額料金の安さにこだわるのであればBroad WiMAXがよいでしょう。Broad WiMAXは初期費用が発生するのですが、月額2,856円~であること、4ヶ月目以降も月額3,541円~であることから、長い目でみるとSo-net WiMAXよりも月々の支払い額を減らすことができます。※現在は初期費用も割引されているようです。

補足
Broad WiMAXは日替わりのキャンペーンで初期費用の割引を行っていることもあるので、気になった方は一度チェックしてみると良いかもしれませんね!

nifty WiMAXのキャンペーンが復活

かつてGMOとくとくBBとキャッシュバックの首位争いを繰り広げていたnifty WiMAXのキャンペーンが復活しました。選べるルーターはWX02とW02に限定されているものの、支払い方法や各種手続き方法などの使いやすさを含めて考えると他社に負けない内容となっています。ギガ放題からプラン変更をしない予定の方であれば、選択肢の一つになり得るでしょう。

以上、WiMAX キャンペーンの最新情報と比較でした。

新しいことをはじめたくなるこの季節、あなたの生活にモバイルデータ通信でアクセントをつけてみてはいかがでしょうか。